活かし込み


水揚げされたカニを鮮度の良い状態のまま生かしておくことを『活かし込み』と言っています。

カニの状態を確認しながら細かく水槽の海水を調整して元気な状態をキープさせるためにはデータ管理に加え、長年の経験も重要です。

水揚げの量、仕入れの量、活かし込みが上手にいくかどうかにもよりますが、お客様に安定的に『活松葉』をご提供できるようになるのは
17日頃を見込んでいます。

『活かし込み』が順調にいけば、もう少し早くご予約を承れるかもしれません。
流動的ではありますが、随時情報をアップしていきますのでどうぞ宜しくお願いします。

filed under: